*平成29年4月~ 2期制新受講料について*

KidsWithの定期レッスンに、
遂に小学校高学年以上のお子様を対象としたクラスが誕生します!


Kidsスポーツクラブ(小学校高学年~高校生)
Kidsスポーツクラブ(小学校高学年~高校生)

Kidsスポーツクラブとは?

近年深刻になりつつある子どもの肩こりや腰痛などを改善し、身体の調子を整える「Kidsメンテナンス」クラス。
マットやボール、走力などの基本的な運動技能にプラスして、判断力や運動に関する感覚など、運動・スポーツの応用力・総合力を高めていく「Kidsコーディネーション」クラス。
2つの異なるタイプのクラスを、月曜日~水曜日の夕方に不定期開催で開講していきます。

ご利用は通いやすいチケット制です。
開講するレッスンは予め日程を告知いたしますので、ホームページよりご予約ください。

Kidsスポーツクラブ(小学校高学年~高校生)

こんなお子様にお勧め!

勉強やゲームの過多、運動不足等により肩こりや腰痛など、身体に不調がある
シャキッとした姿勢で座る・立つことが苦手
サッカー、野球、バレエなど、特定の運動やスポーツの練習で、身体のバランスの乱れや硬さが気になる
「Kidsメンテナンス」で身体をリセットしましょう!

日頃から取り組んでいるスポーツや運動のパフォーマンスをより高めていきたい
運動が大好き
運動への苦手意識を払しょくしたい
「Kidsコーディネーション」で頭や神経・身体を鍛えましょう!

▼対象
小学校高学年~高校生まで

▼レッスン
※下記時間での不定期開催です。その月の詳細はスケジュールをご確認ください。

月曜日 17:30~18:15
火曜日 17:30~18:15
水曜日 16:15~17:00


▼スケジュール
【Kidsメンテナンス】
5月 9日(火) 17:30~18:15
5月17日(水) 16:15~17:00
5月22日(月) 17:30~18:15
5月31日(水) 16:15~17:00
6月13日(火) 17:30~18:15
6月26日(月) 17:30~18:15
6月28日(水) 16:15~17:00

【Kidsコーディネーション】
5月10日(水) 16:15~17:00
5月15日(月) 17:30~18:15
5月23日(火) 17:30~18:15
5月30日(火) 17:30~18:15
6月14日(水) 16:15~17:00
6月19日(月) 17:30~18:15
6月27日(火) 17:30~18:15

▼料金
チケット5回 ¥12,000※
体験 1回 ¥1,000

※チケットの有効期限は5ヶ月です。初回チケットご購入時に年会費1,000円がかかります。

▼場所
「キッズウィズ府中本校」
東京都府中市若松町1-7-33-1F / 京王線 東府中駅 徒歩5分



Kidsメンテナンス

Kidsスポーツクラブ(小学校高学年~高校生)

肩こりや腰痛の主な原因は、運動不足・運動過多・姿勢不良など。
本来子どもは、走る・ジャンプ・投げる・蹴るなど全身を大きく動かすダイナミックな運動をたくさん行うことで、筋肉をたくさん動かし、それによって適切な血流が確保され、柔軟な筋肉が維持されます。
ところが、昨今の子ども達における環境では、そうしたダイナミックな運動が減ってしまったことで、筋肉は硬く固まってしまう傾向にあります。

また、勉強やゲームなどで同じ姿勢を維持している時間が長くなると、その姿勢を維持するための筋肉に負担が集中し、それが原因で筋肉が固まってしまうこともあります。

机に向かっている際の姿勢、勉強や習い事でのストレスなどのほか、重たいランドセルを毎日背負うことによっても、首・肩や腰への負担につながります。

肩や首の凝りは、頭部への血流を妨げます。それは脳のエネルギー不足になり、結果として集中力を乱し、自律神経を乱し、脳の働きが低下します。

Kidsスポーツクラブ(小学校高学年~高校生)

こうした理由から、子どもには(大人もですが・・)、適切で適量な運動が必要となるのです。
運動をしている子は、良い姿勢を維持する能力が総じて高くなりますので、肩こりなどにもなりにくく、脳の働きも良い状態を保ちやすいといえます。

では、すでに姿勢が悪い子は運動をすればよいのかというと、そう単純な話ではありません。なぜなら、一度姿勢が乱れると筋力のバランスが乱れ、そこに運動を加えても筋バランスの乱れは解消しないどころか、悪化する可能性すらあるからです。

「Kidsメンテナンス」クラスでは、筋バランスの乱れを解消することをメインの目的としていきます。
筋膜・筋肉のリリース、ストレッチに取り組みつつ、日頃あまり行わない動作などを入れることで、負担を強いられている筋肉はほぐし、逆にあまり使われていない筋肉は積極的に動かします。

単純なストレッチや単調な運動だけでは飽きてしまう子供たちに、『楽しい!』、『また来たい!』と思っていただけることを目指してプログラムを提供していきます。

集中力が途切れやすい・勉強にイマイチ身が入らない・日頃取り組んでいるスポーツのパフォーマンスがなかなか上がらない
そんなお子様は、適切なボディメンテナンスによって、そのお悩みが解決する可能性が大いにあります。

学校の体育以外はあまりダイナミックな運動をしない、特定の運動をすることが多く筋肉の柔軟性のバランスが乱れている、立っている姿勢や座っている姿勢があまり良くない、
そんなお子様は、どうぞこのプログラムを受講していただき、一緒に身体をリフレッシュさせていきましょう!

Kidsスポーツクラブ(小学校高学年~高校生)

実際にこんなことをするよ

  • フォームローラー*を使って筋膜リリース(硬くなった筋・筋膜をほぐす)
    *筒状の健康器具で主に肩甲骨まわりの動きを改善するために使用
  •  
  • 肩こり改善・予防体操 (肩関節や肩甲骨まわりの筋肉を適度に動かす)
  •  
  • 腰痛改善・予防体操 (骨盤まわりや股関節の筋肉を適度に動かす)
  •  
  • 姿勢改善体操 (腹筋群や背中の筋肉を積極的に使ってコアを強化)
  •  
  • ダイナミックムーブメント (全身を連動させより大きく動かすことで筋バランスを整える)
  •  
  • ストレッチ (日常ではあまり伸ばさない筋肉をしっかりストレッチし柔軟性を確保)



Kidsコーディネーション

Kidsスポーツクラブ(小学校高学年~高校生)

水泳・野球・サッカー・空手・体操・バレエ・テニスなどなど。
最近の小学生に人気がある運動のクラブ活動または習い事です。

小学生のころから、こうした特定のスポーツに打ち込むと、そのスポーツに対しての技術力は高まりますが、それ以外の分野が疎かになりがちです。

小さい頃から技術力を高めることばかりに目がいってしまうと、肝心の基礎体力や自らの身体をコントロールする能力、さらには素早い判断力やスポーツ全般に大切な『感覚』を鍛えることをしなくなってしまいます。
だから、サッカー少年はボールを上手に蹴ることはできても、投げたり捕ったりは苦手。野球少年はまたその逆だったりします。

それは感覚が養われていないからです。
感覚の良い子は、上手な人の動作や動きのリズムを見て、何となく見よう見まねでできてしまうものです。それがいわゆる「運動神経が良い子」ということなのかもしれません。

Kidsスポーツクラブ(小学校高学年~高校生)

感覚を鍛えるって、すごく難しいのです。
なぜならば、他人が教えることが出来ないから。
昨今の教育現場やスポーツの現場は、教わることばかりで、創意工夫をする機会が極端に少ないことがほとんどです。
ですから、技術力ばかりが身に付き、本当に大切な感覚(センス)が身につかないのです。

では、センスを磨くというのはどういうことでしょうか。
わかりやすい例が「逆立ち」です。(人が支える倒立ではなく、体操選手の基本中の基本の技になります)
基本的なフォームや注意点は教えることができても、あとはやる人の感覚次第です。
脚を上げたとき、前後左右どの方向にバランスが乱れて逆立ち姿勢が維持できないのか、
それを自分でどう感じ、そしてどう修正していくのか、それは自らの感覚が頼りになります。

何度も何度も練習し、失敗したとき・成功したときに自分の身体がどうなっていたのかを、頭で考えるのではなく、どう感じることが出来るか。
そして正しい方向にどう自分を導いていくのか。その修正する力や感じ取る力そのものがセンスと言えます。

Kidsスポーツクラブ(小学校高学年~高校生)

学校の体育でも、スポーツクラブ等でもそうした感覚を鍛えることはやりません。
なぜやらないのか、それはすぐに結果が出ないからです。そして短期間で評価ができないからです。

KidsWithの運動クラスは、0才児のクラスも含め、すべてのクラスで『感覚を鍛える』ことを一番大切にして、プログラムが作られています。
そして、この「Kidsコーディネーション」のクラスは、全クラスの中で最も『感覚を鍛える』ことに重きを置き、より難易度の高い運動をたくさん経験してもらうクラスです。

運動における感覚とは、どうしたらうまくいくのかを目で見て、言葉で聞いて、それを実際に自分でやってみて、うまくいかなければ工夫をして。
KidsWithでは、そうしたことを行うための感じ方・勘・判断能力などの集合体が感覚(センス)であると考えています。

技術を教わる場ではなく、自分の能力を自分で高めていくためのクラスです。
そしてやらされる場ではなく、自らの意志で自分を磨いてくためのクラスです。

ぜひ、このクラスで一緒に身体を動かし、たくさんのセンス(感覚)を磨きましょう。

実際にこんなことをするよ

  • サッカー、野球、アメフト、バスケット、バレーボールなど、球技系スポーツの動きを切り出し、瞬時の判断力や動き方の理解力などが必要となる運動
  •  
  • ジャンプ系動作に判断力や記憶力などを織り交ぜた複合的なジャンプ運動
  •  
  • 体を支える力を要する支持運動(逆立ちなど)を、より感覚的に身に着けていく運動
  •  
  • 事前の指示や運動中の合図などを、合理的に理解し正確に動ける力を養う運動
  •  
  • 数字や色などを使い、動きの中で記憶した情報を使う練習



※下記の予約画面からもご予約いただけます。